サブメニュー

いつでもどこでも便利なカードローン

手持ちのお金が足りないとしても周りの方に相談をするのは気が引けてしまうものですが、カードローンであれば第三者に知られずに現金の融資を受けることができます。

 

最近ではカードローンの多くが来店不要となっており、消費者金融はもちろんですが銀行ですら来店不要のWeb完結での手続きで進められるカードローンサービスすらも出てきています。

 

時代とともにどんどんと便利になっていくカードローンですが、ローンの名の通りに借金である点には変わりはありません。お金を借りるならしっかりとした返済の計画を立てて利用をしなければならず、返せなくなれば様々な面で大きなデメリット、リスクが生じてしまいます。

 

そのあたりをきちんと抑えて利用をすればカードローンは便利で生活に役立つものとなりますので、カードローンのメリットをよく知り、正しく無駄なくお金を借りるようにしましょう。

 

 

カードローンが利用される理由

カードローンの利用者は意外と多く、10人に1人は利用経験があると言われています。日本人口に対してなので、未成年や高齢者を除けば、割合はさらに増えます。これだけたくさんの人達がカードローンを利用するのにはいくつかの理由があります。

 

必要なものが最低限である点、手続きがスピーディな点、大抵の人がもう込みできる点、とありますが、総じていえば手軽に利用しやすいのが利用される理由です。

 

書類や保証人や担保

カードローンの申込み時に必要なものとして、必須なのが本人確認書類です。免許証や保険証、パスポートなどで確認をとります。そして、本人確認書類さえあれば、それだけでカードローンの申込みができてしまいます。借入に際して、保証人や担保は必要ありません。

 

例外として、多額の借入時には収入を証明する書類が必要になる場合もあります。消費者金融であれば限度額50万円までの申込みなら収入を証明する書類の提示は不要です。また、銀行であれば、限度額300万円以上であっても収入を証明する書類が不要なカードローンもあります。

 

必要書類がほとんどないのが、カードローンの利点の1つです。実際にオリックス銀行が提供しているカードローンの利用条件を見てみると、300万円まで所得証明が原則不要となっているので、必要書類を少なくして手続きができるのがわかります。

 

審査の回答も早くなっているので、なるべく早めに借りたいならオリックス銀行の早いカードローン審査を受けてみましょう。

 

申込みもスピーディ

カード発行の手続き1つでも、本人の確認を行い、申告内容の確認を行い、審査を行い、全て問題がないと判断されて初めて、カードが発行されます。例えばクレジットカードの発行であれば、申込みから2週間以上かかるケースも珍しくありません。

 

カードローンの場合には、審査も手続きも迅速で、最短でその日の内にカードの受取りまで手続きが進みます。特に審査では、申告に内容に虚偽がないかも調べますし、融資可能かどうかを年齢、保険の種類、家族構成、年収など、様々な視点から診断します。それにも関わらず最短30分程度で審査が完了するカードローンもいくつもあります。

 

大抵の人が申込みできる

カードローンの利用条件はそれ程厳しいものではありません。ローンを組むというと、年収や勤続年数に条件があったり、正社員や公務員以外は申込み不可だったりと、ローンの種類によって制限があります。

 

カードローンの場合、大抵勤続年数や年収、雇用形態に条件がありません。20歳以上はカードローン契約が結べませんが、成人していれば、パートやアルバイト、新卒であっても申込みが可能です。

 

ただし、申込みが可能だから確実にカードローンの契約ができるとは限りません。申込み時には審査があり、審査に通らなければ契約はできません。

 

審査の基準は借り入れ先によって異なり、一般的に消費者金融よりも銀行の方が厳しいとされています。また、借り方によっても異なり、大きな金額を借りるおまとめローンなどの利用であれば、当然ながら審査は厳しくなります。

 

多くの場合、おまとめローンもカードローンを利用して行うため、借りる際にはおまとめローンの借り入れ基準を知っておくと良いでしょう。